ウイスキーを通販で頼むのと店頭購入のメリットの違い

ビールや焼酎、サワーなどお酒の種類は様々なものがあり、店舗や通販でも購入することができます。今回はウイスキーについて紹介していきます。ウイスキーはアルコール濃度が高いというイメージを持たれがちですが、穀類を原料とした蒸留酒であり深い味わいが特徴でもあります。大麦やトウモロコシ、ライ麦などの穀類を麦芽の酵素で糖化して発酵させています。工程の中で最も大切なのが木製の樽で貯蔵熟成させることで、樽で長い年月をかけて熟成させることで深い琥珀色になり、深いコクとまろやかな香りが出るのです。日本も含め、アメリカ、アイルランド、スコットランド、カナダはウイスキーの生産国として知られ、5大ウイスキーとされています。日本のウイスキーは、サントリー創業者の鳥井信治郎が京都郊外にウイスキー蒸留所を建設したことが始まりです。

ウイスキーを購入する時のポイント

ウイスキーに限らず、どのお酒を購入する時にも気を付けたいのが賞味期限です。購入する前に、自分がどれくらいの頻度でお酒を飲んで、全て飲み切るにはどれくらいかかるかということを大体の目安でいいので、決めておくと賞味期限内に飲み切れるかどうかも分かります。ウイスキーを初めて購入する方は、ボトルのデザインなどで好みのものを選ぶのもいいでしょう。また、通販で購入する時には実際購入した方のレビュー参考にして選ぶと間違いが少ないです。一番購入方法としておすすめなのは酒屋で購入することです。酒屋だと、スタッフの方もお酒に詳しい方が多いので、どのお酒を購入しようか迷った時に相談するとアドバイスもくれるのでお酒選びがスムーズにいきます。事前にお酒詳しい身内や友人などに情報を聞いておくのもおすすめです。

ウィスキーは保管方法に気を付ける

ウイスキーをボトルで通販購入しても早く飲み切ることは難しいので、味を損なわせないためにも上手に保管する必要があります。未開封時に賞味期限がほぼないものであっても、封を開けてしまえば時間が経つにつれて劣化してしまい、保管環境が悪いと劣化も早いです。ウイスキーを保存する上で最も大切なことは適度な温度を維持することです。冷蔵庫に入れると冷えすぎて、ウイスキーの香り分子が変化してしまう危険性もあるので、冷蔵庫には入れず、自宅の中の冷暗所で保存するようにしましょう。可能であれば、光や温度、振動にも弱いデリケートなウイスキーをより良い状態で保存できるワインセラーがあるといいです。外の空気にも弱く、酸素に触れる回数や面積でも劣化に影響して微妙な隙間からアルコールが抜けてしまうこともあるので空気と接触しないように気を付けましょう。